top of page

ワイン騎士団世界大会報告1日目 ウエルカムセレモニー

更新日:2023年7月26日

5月27日(土) 18:30ヒルトン ポルト ガイヤにてウェルカム セレモニー

参加者は正装。各ワイン騎士団のローブとメダルで参加する。

葡萄の騎士の会からは、木下尚慈会長、木下明美氏。長島早苗氏、坂間明彦氏、横川毅氏、そして私、淺田富彦の6名が参加した。

会場入口まえでヴィニョヴェルデのCasa de Senteの社長と再会した。調子はずれのラッパの合図で入場する。



会場スクリーンには「52th International Congress of Wine Brotherhoods F.I.C.B2023」

ポルトガルの会長の挨拶から始まり、ガイア市の市長、F.I.C.B Alan Bryden会長の挨拶と続いた。各ワイン騎士団の長、30人が登壇。葡萄の騎士の会木下会長も登壇した。

国旗は、イタリア・ベルギー・オーストリア・ポルトガル・日本・U.S.A・スイス・フランス。日本が中央左、右は主催国のポルトガル。アジアから参加は日本のみ、最も遠いところから来たと喜ばれた。

セレモニーは続き、ポルトガルに第一回のMeeting旗が授与された。

ガイアとポルトの2つのクワイヤー(聖歌隊、男性12人、女性25人)の合唱で4曲演奏。




20:00 会場を移し、ディナー開始

オードブル:カモのハムのサラダ、カボチャとリンゴの薄切りとクリームチーズ

① DALVA2021 Douro White

メイン:タラのコンフィ(バカラウ) ポテト、ほうれん草、コーンブレッドとハーブ

② DALVA2021 Douro Red

デザート:ラヴァナーダとポートワイン

③ BOEIRA Reserva Tawny


アレンテージュの投資コンサル Luis Madureira Pires さんと再会する、トリイ・モアのドナルドオルソンは2週間前に東京で会ったばかり。世界は狭い。



葡萄の騎士

淺田富彦


最新記事

すべて表示
bottom of page