top of page

F.I.C.B.2024年総会報告

更新日:2月18日



F.I.C.B. 2024年総会は1月27日にパリで開催されました。 32 名の会員が出席または代表し、約 60 名の参加者がありました。

これは、新型コロナウイルスのパンデミックと国際情勢の影響を受けた 3 年間を経て、当連盟とその会員が本格的な活動に戻ったことを示しました。会長のアラン・ブライデンは、次の報告書を発表しました。 2023 年は、2 つの国際イベント (ポルトガルでの第 52 回国際会議、ワイン騎士団世界大会とスロベニアでの第 2 回ワインディスカバリーツアー)、会員数の増加 (+4)、ウェブサイトのリニューアル、辞典とワインガイドの宣伝を行いました。 また、視覚障害者認定コンテストの開催と、国際的なワインの著名人への 5 つの名誉賞状の授与。 この機会に、2015年から2023年の期間におけるこのディプロマの受賞者に関するパンフレットを配布しました。

総会では、将来の国際イベントのプログラムを再検討しました。2024年5月にハンガリーでパンノニアの淑女たちが主催する第2回インターナショナル・テイスティング・チャレンジ、2025年にピエモンテでトリュフ騎士団とワイン協会が主催する第3回ワイン・ディスカバリー・ツアーです。 2026年5月下旬にプロヴァンス・コート・ダジュール地域で開催される第53回国際会議、ワイン騎士団世界大会(メデューズ騎士団主催)を開催します。

会員の活動を多様化するために一部の会員がとった取り組み、特にスロベニアが主催する「ワイントーナメント」、ルノー協会による通信(サンプルの送付)によるブラインド品種認識の組織、および オレゴン・ワイン・ブラザーフッドによる「マスター・オブ・ワイン」ディプロマの作成(これらの取り組みは当会のウェブサイトで順次報告いたします)。

その後、参加者は最近改装されたパリのワイン博物館(現在は「M・ル・ミュゼ・デュ・ヴァン」)に集まり、新オーナーのオリヴィエ・シャンデスの歓迎を受けました。

土曜日の夜、モンマルトルの歴史家ジェラール・ルタイユールのガイドによるモンマルトルのツアーは、「ラ・ボンヌ・フランケット」での思い出に残るディナーの前に行われました。

1世紀以上前の創設以来、多くの著名な芸術家を迎えてきた「ラ ビュート」の象徴的なレストランで、レストランのオーナーであるパトリック・フラシュブードが参加者を歓迎しました。

F.I.C.B. メダルは、当連盟への支援が認められ、オリヴィエ・シャンデス、ジェラール・ルタイユール、パトリック・フラシュブードに授与されました。


ASSEMBLÉE GÉNÉRALE 2024 DE LA F.I.C.B. : COMMUNIQUÉ

The F.I.C.B. General assembly 2024 was held on 27 January in Paris. 32 members were present or represented, with around sixty participants.

It marked the return to full activity of our federation and its members, after 3 years impacted by the COVID pandemic and the international situation.The President, Alan BRYDEN, presented a report of the year 2023, which was marked by two international events (52nd International Congress in Portugal and 2nd Wine Discovery Tour in Slovenia), an increase in memberships (+4), the renovation of our website, the promotion of our lexicon and of our guide for the organisation of blind recognition competitions and the award of 5 Diplomas of Honour to international wine personalities. A brochure on the recipients of this Diploma over the period 2015-2023 was distributed on this occasion.

The General assembly reviewed the programme of our future international events: the 2nd International Tasting Challenge organised by the Ladies of Pannonia in Hungary in May 2024, the 3nd Wine Discovery Tour in Piedmont in 2025, organised by the Knights of the Truffe and the Wines of Alba and the 53nd International Congress to be held in late May 2026 in the Provence Côte-d’Azur region, organised by the Ordre Illustre des Chevaliers de Méduse.

Exchanges were held on the initiatives taken by some of our member brotherhoods to diversify their activities, in particular the “wine tournaments” organised by the Slovenian brotherhoods, the organisation of blind grape variety recognition by correspondence (sending samples) by the Renaud Society and the creation of a “Master of wine” diploma by the Oregon Wine Brotherhood (these initiatives are or will be described on our website).

The participants then met for lunch at the recently renovated Musée du Vin of Paris, now “M le Musée du Vin”, which hosts the headquarters of our federation, where they were welcomed by the new owner, Olivier CHANDÈS.

On saturday night, a tour of Montmartre, guided by Montmartre historian Gérard Letailleur, preceded a memorable diner at « la Bonne Franquette »,

the emblematic restaurant of “La Butte”, which has welcomed many illustrious artists since its creation over a century ago, and where participants were welcomed by Patrick Fracheboud, the restaurant’s owner.

The F.I.C.B. medal was awarded to Olivier CHANDÈS, Gérard LETAILLEUR and Patrick FRACHEBOUD in recognition of their support for our federation.


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page